理事長・施設長の挨拶 施設の概要 交通案内図 特別養護老人ホーム ショートステイ デイサービス 居宅介護支援事業所リンク

介護疲れ、ご旅行、また、冠婚葬祭等の急な都合でご家族でお世話できない時、寝たきりや、認知症のあるお年寄りが一時的にご利用いただけます。
  1. 施設内容
    ・施設基準 ショートステイ10床
    1. 居室定員 1名
    2. 居室床面積 13.2m2
    3. 1ユニット定員 10人
  2. サービス内容
    ◇日常生活の援助 ◇健康管理 ◇機能訓練サービス ◇入浴サービス ◇食事サービス
    ◇相談・助言等に関すること ◇送迎サービス ◇レクリエーション等
  3. サービス利用料金(平成30年8月1日現在)
    下記の料金に従い、ご契約者の要介護制度に応じたサービス利用料金から介護保険給付費額を除いた金額(自己負担額)と食費及び居住費に係る標準自己負担額の合計金額をお支払い頂きます。(サービスの利用料金は、ご契約者の要介護度に応じて異なります)

    1. 併設型ユニット型短期入所生活介護費(1日につき)(ユニット型個室)
      1割負担 


      682円


      749円


      822円


      889円


      956円
      2割負担  1,364円 1,498円 1,644円 1778円 1,912円
      3割負担  2,046円 2,247円 2,466円 2,667円 2,868円


      ※加算金額についてはすべて「1割負担/2割負担/3割負担」にて表記致します。

      1. 送迎加算・・・184円/368円/552円(1回片道)
      2. 機能訓練体制加算・・・12円/24円/36円(1日につき)
      3. 夜勤職員配置加算(Ⅱ)・・・18円/36円/54円(1日につき)
      4. サービス提供体制強化加算(Ⅰ-イ)・・・18円/36円/54円(1日につき)
      5. 療養食加算・・・8円/16円/24円(1食につき)
        医師の発行する食事せんに基づき特別な食事を提供している方のみ
      6. 介護職員処遇改善加算Ⅰ
        基本サービス費に各種加算減算を加えた総単位数に8.3%の加算率を乗じた金額
      7. 看護体制加算(Ⅰ)・・・4円/8円/12円(1日につき)
      8. 看護体制加算(Ⅱ)・・・8円/16円/24円(1日につき)
      9. 夜勤職員配置加算(Ⅱ)・・・18円/36円/54円(1日につき)

      ※当施設では看護職員が夜間等、看護職員の不在時でも24時間連絡体制を定めて、緊急の呼び出しに応じて出勤対応する体制をとっております

    2. 併設型ユニット型介護予防短期入所生活介護費(1日につき)(ユニット型個室)
      1割負担  要支援1   512円 要支援2   636円
      2割負担 1,024円 1,272円
      3割負担 1,536円 1,908円

      1. 送迎加算・・・184円/368円/552円(1回片道)
      2. 機能訓練体制加算・・・12円/24円/36円(1日につき)
      3. サービス提供体制強化加算(Ⅰ-イ)・・・18円/36円/54円(1日につき)
      4. 療養食加算・・・8円/16円/24円(1食につき)
        医師の発行する食事せんに基づき特別な食事を提供している方のみ
      5. 介護職員処遇改善加算Ⅰ
        基本サービス費に各種加算減算を加えた総単位数に8.3%の加算率を乗じた金額

    3. 併設型ユニット型短期入所生活介護及び
      介護予防短期入所生活介護の食費、居住費等
      (1日につき)(ユニット型個室)
      食費(1日につき)
      1.第2段階 390円
      2.第3段階 650円
      3.第4段階 1,580円
      居住費(1日につき)
      1.第2段階 820円
      2.第3段階 1,310円
      3.第4段階 1,500円

      ショートステイ利用料金

      1.要介護度別利用料金(1割負担分)+2.食費(保険外)+3.滞在費(保険外)の合計額です。

      利用者負担額について

      第2段階とは
         1.世帯全員が市町村民税非課税で、本人の合計所得金額と課税年金収入の合計が
         年間80万円以下の方。
         (課税年金:障害年金や遺族年金などは非課税ですので、これには含みません。
         例:遺族年金のみの収入しかない方は、収入額は0円となります)
      第3段階とは
         1.世帯全員が市町村民税非課税で、利用者負担第2段階に該当しない方。

         上記以外の方(本人が市町村民税非課税でも世帯の中に市町村民税課税者がいる方も
         含みます)は表の上記以外の方の料金となります

    4. その他
      1. 通常の事業の実施地域外での送迎費用
        通常の事業の実施地域外での送迎については、通常の事業の実施地域との境界より起算し、片道1kmあたり50円をご負担いただきます。
      2. 個人で負担いただくことが適当と思われる日用品については、ご持参いただくか実費負担となります。

    5. 利用者のご都合でサービスを中止する場合の費用
      利用者のご都合でサービスを中止する場合、下記のキャンセル料が掛かります。但し、緊急その他やむを得ない理由(急病など)の場合は、この限りではありません。
      1. 利用日の前日午後5時までにご連絡いただいた場合は無料。
      2. 利用日の前日午後5時までにご連絡がなかった場合は、1日の自己負担額の30%に利用予定日数分を乗じた額。

  4. 通常の事業の実施地域
    桑折町、国見町、伊達市(梁川町、保原町、旧伊達町)、福島市飯坂地区(中野・茂庭・平野を除く)、福島市瀬上町

  5. 入所定員 10名 全室個室

  6. 緊急時の対応方法
     サービス提供中に容体の変化等があった場合は、ご家族及び主治医または協力医療機関へ連絡
     いたします。

  7. 事故発生時の対応方法
    1. 事故が発生した場合は、利用者に対し応急措置、医療機関への搬送等の措置を講じるとともに、速やかに家族等及び関係諸機関に事故の発生状況及び今後の応対等について報告致します。又、事故より居宅サービス計画に変更が生じる可能性がある場合は担当の介護支援専門員に、又、要介護認定に影響する可能性がある場合は市町村(保険者)に事故の概要を報告致します。
    2. 事業者は、サービスの提供にともなって、事業者の責めに帰すべく事由により利用者の生命・身体・財産に損害を及ばした場合は、利用者に対してその損害を賠償しますが、事業者は自己の責に帰すべき理由がない限り、損害賠償責任を負いません。

  8. サービス内容に対する苦情
    1. 苦情は面接、電話、手紙等による書面などにより苦情受付担当者が随時受け付けます。
    2. 苦情受付担当者が受け付けた苦情を苦情解決責任者と第三者委員に報告致します。但し、苦情を申し出た方が第三者委員への報告を拒否した場合は報告致しません。第三者委員は、内容を確認し、苦情を申し出た方に対して報告を受けた旨を通知いたします。
    3. 苦情解決責任者は、苦情を申し出た方と誠意をもって話し合い、解決に努めます。
      その際、苦情を申し出た方は、第三者委員の助言や立会いを求めることが出来ます。
      苦情受付担当者 生 活 相 談 員 佐藤 和子
      影山 昌
      TEL.024-582-1181
      受付時間:午前8時30分~午後5時30分
      苦情解決責任者 施設長 山岸 一昭 同上
      第三者委員   室井 峰夫 TEL.024-582-3474
      岡﨑 忠一 TEL.024-582-3495

    4. 運営適正化委員会の紹介
      当施設及び事業所で解決できない苦情は、福島県社会福祉協議会に設置された福島県運営適正化委員会に申し立てることができます。
      福島県運営適正化委員会事務局 福島市渡利字七社宮111 TEL.024-523-2943

All Rights Reserved, Copyright Cocoon